北海道のグルメとして有名なイクラは、加熱せずに食べるのが一般的ですが、半加熱する料理もあります。

グルメ情報を得る手段

グルメ情報を得る手段

北海道のグルメ・イクラ

グルメ情報を得る手段
イクラは、北海道のグルメとして有名です。実は「イクラ」というのはロシア語で、もともとは魚卵や、小さくて粒々したものという意味の言葉なのです。ただし、ロシア語で言う「イクラ」とは、サケの卵だけではなく、キャビアやたらこなども意味します。日本では、鮭の卵で、筋子から卵巣膜を取り除いて卵を1粒ずつばらしたものを言いますね。食べ方としては、塩漬けや醤油漬けが一般的です。イクラは加熱せずに食べるのが一般的です。寿司のネタとしても有名ですね。でも、はらこ飯などのように、半加熱する料理もあります。

北海道では、家庭で生筋子からイクラを作っています。秋の味覚のグルメとして有名です。皮を取り除くときには、ぬるま湯につけて、ていねいに手で取っていきます。湯につけると卵が白くなってしまいますが、その後にまた色を戻します。ただし、真水につけると卵殻が固くなってしまうので要注意です。必ず、海水か、海水が用意できない場合には塩水が使われています。