グルメで有名なウニですが、一般的に「生うに」と呼ばれているものは、正確には加工されたものです。

グルメ情報を得る手段

グルメ情報を得る手段

北海道のグルメ・ウニとは

グルメ情報を得る手段
北海道の名産品のひとつであるウニは、グルメの間でも人気があります。ウニとは、ウニ綱に属する棘皮動物の総称したものです。ウニ綱の動物は、全身にトゲのあるものが多いです。毒を持つものもあります。一般的には、球形か、ボールを潰したような半球形や平板型などの形のものが多いです。日本では、ウニは漁期の関係で、夏場にしかとれません。それだけでは需要に足りないので、輸入ものも多く売られています。高級な寿司屋などでは、エゾバフンウニという、粒が小さくて甘みのあるウニを使っています。値段はそれなりに高くなります。

グルメな人ならご存知かもしれませんが、一般的に「生うに」と呼ばれているものは、殻を砕いて、卵巣を洗って箱に詰めて出荷されたものであり、正確には「加工されたもの」ということになります。加工していない、殻付きの、生きたウニも、探せば買い求めることはできます。ただ、産地で選別されて箱詰めにされたウニの方が、一般的には人気が高いようです。