岩手県のとくに南部はおもちグルメが盛んです。いろいろな種類のおもちを食べることができます。

グルメ情報を得る手段

グルメ情報を得る手段

岩手県のいろいろなおもちグルメ

グルメ情報を得る手段
岩手県ではいろいろなもちグルメが食べれます。特に南部では「もち文化圏」と言われるほどもち料理がたくさんあります。うちわもちはそば粉で作ったもちを串に刺したものです。そば粉ともち米をよく混ぜて熱湯を加えてこね、串にたしたら平たく団扇のようにして茹でます。食べるときは味噌をつけて焼いて食べます。

えびもちは南部で行事のさいに食べられるもちです。池から採れるえびを炒って酒や塩などで味付けしたものをついた餅に混ぜてつくります。お茶もちhaだんごを串に刺したもので、クルミ醤油をつけて焼いて食べます。かますもちは北部で作られている小麦のおやつです。かますとは小麦などを入れる半月形の袋のことです。形が似ていることからこの名が作られました。中身は味噌にくるみや砂糖を混ぜたあんなどを入れます。きゃばもちは小麦粉に黒砂糖とくるみを混ぜたおもちです。、柏の葉に包んで焼いて食べます。しだみだんごはどんぐりのあんを入れただんごです。どんぐりのことをしだみと言います。ふすべもちも南部で食べられるもちです。ごぼうをおろしたものを炒め、鶏挽肉とともに醤油と酒、鷹の爪を加えたものについたもちをちぎって入れたものです。