長崎県には異文化交流で教わった料理をもとに、独自の進化を遂げているグルメがたくさんあります。

グルメ情報を得る手段

グルメ情報を得る手段

長崎県の異文化交流グルメ

グルメ情報を得る手段
長崎と言えば異文化交流で生まれたグルメが盛んです。ポルトガルから教わったお菓子を元に作られたカステラは有名ですが、他にもヒカドという料理が食べられます。ヒカドはポルトガル語で肉を細かく刻むという意味を持ちます。日本に来た宣教師などが食べていたシチューを元に作られたと言われています。シチューは牛肉や豚肉を使いますがヒカドはニワトリや野菜、魚を使って作ります。だいこんやにんじん、しいたけやサツマイモなどを切った魚とともに煮込み、醤油で味をつけてさらにさつまいものおろしを加えてとろとろにしたものです。冬には体が温まるのでよく食べられます。

中国からは皿うどんやちゃんぽん、卓袱(しっぽく)料理が生みだされました。ちゃんぽんは福建省の湯肉絲麺(トンニーシーメン)を参考にして作られたと言われています。卓袱料理は円形の卓で食べられる料理のことをさします。卓袱とはこの台にかけるテーブルクロスのことを指します。

アメリカの料理からは佐世保バーガーが作られました。昭和の時代にアメリカ海軍から教わり作られたものがアレンジされて佐世保バーガーになりました。