大分県のグルメには「ぎーぎーだんご」などおもしろい名前の付いた気になる郷土料理などがたくさんあります。

グルメ情報を得る手段

グルメ情報を得る手段

大分県のおもしろい名前のグルメ

グルメ情報を得る手段
大分県にはおもしろい名前のついたグルメがたくさんあります。なんだかすごそうな「あたま料理」は竹田市でお正月などに食べられる料理で魚のうろこ以外のすべてを使って作ります。イギリスのリを取ったような名前の「イギス」は海藻のことで食べるときに溶かし、豆腐のようにします。楽しそうな「うれしの」という料理は獲れたての鯛をお茶漬けにしたものです。カワイイ名前の「おちゃまま」は古くから伝わる料理でお米をお茶で炊いてふやかしたものです。国の名前がついている「オランダ」という料理はナスとニガ売りみそで煮たものです。

きしむような音が聞こえてきそうな「ぎーぎーだんご」はイモ粉にグリンピースを混ぜて作った団子です。「つっぱり」という若さあふれそうな料理は麺にしたイモ粉です。ときめくような名前の「とっきんずし」いなりずしのことです。とっきんとは頭巾のことを指します。どんな味か気になる「ぼげ汁」は漁師が船上で食べていた料理です。サツマイモやみそとともに獲れた魚を使って料理していました。眼鏡のように丸いので「めがね菓子」と名付けられた小麦粉の焼き菓子もあります。